【ファーストインプレッションを勝ち取る秘訣】 営業マンが意識すべき挨拶

活動編
TeroVesalainenによるPixabayからの画像

アクセス頂きありがとうございます。
今回の記事は、ファーストインプレッションを勝ち取る秘訣】 営業マンが意識すべき挨拶 というテーマにに関して、書いていきたいと思います。



挨拶きちんとしていますか?


皆さん、挨拶は普段していますか?

していますよね?

挨拶はコミュニケーションの基本です。

ですが、挨拶に関して、しっかりと意識を向けていますか?

特に、営業で、顧客を相手にした時の挨拶ではいかがでしょうか?

初対面の人と会うとき、その人に対しての第一印象は、挨拶によって決まるといっても過言ではありません。


第一印象のことを、ファーストインプレッションとも言いますよね。

このファーストインプレッションは、出会ってすぐにきまる、とされています。


見た目、しぐさ、言葉そういった情報をもとに、人は人のことを判断するのです。

初対面の人と会ったときに、まずすることは何でしょうか?

挨拶ですよね?

そうです。ファーストインプレッションは、挨拶のでき次第で左右されるのです。

挨拶で注意すべきこと


印象を短時間で決めてしまう挨拶。

どんなことを気を付けるべきなのでしょうか?

ファーストインプレッションは、見た目、声、しぐさ、話の内容、といったことから判断されるとされています。

もともとは、メラビアンの法則と呼ばれている、話し手が聞き手に与える影響に関する研究から解釈されている考え方です。

メラビアンの法則 

人の行動が他人にどのように影響を及ぼすかというと、話の内容などの言語情報が7%、口調や話の早さなどの聴覚情報が38%、見た目などの視覚情報が55%の割合であった。この割合から「7-38-55のルール」とも言われる。

引用元:Wikipedia
SHAN 作図

こういった事を踏まえて、注意すべき点は何でしょうか?

身だしなみ

メラビアンの法則でも、最も影響を与えるのが視覚情報とされています。

はじめに飛び込んでくる情報ですので、服装、髪型に、身につけているもの、など、

しっかりとTPOにあった身だしなみを心がける、これが基本であり最も重要です。

コトバンク:TPOとは

表情・立ち振る舞い

身だしなみをきちんとしていても、表情・立ち振る舞いに違和感があっては、元も子もありません。

印象のよい表情を心がけ、お辞儀、名刺交換といった正しい作法を身につけることが重要です。

先方の話を聞いているときの姿勢も見られています。気を配りましょう。

言葉遣い

聴覚情報として重要なのは、やはり、言葉遣いです。

しっかりと敬語を使い、印象を損なわないように注意しましょう。

若い方は、フランクな言葉が出ないように、注意する必要がありますね。

営業としての挨拶 

顧客へのあいさつ。初対面の挨拶は、1度限りです。

顧客からすれば、取り扱う商品のことも見ますが、どんな人が訪ねてきているのか?

営業マンのことをよく見ています。

初めの挨拶、この印象を最大限よくするためにはどうしたら良いのでしょう?



先ほどの、挨拶における注意すべき事項を満たしたうえで、
営業における挨拶で、意識すべき点があります。

それは、相手の立場になって考えることです。

ここで意識すべきは、お互いにビジネスとして面談している、ということです。

つまり、あなたは顧客に対して商品(情報)をお届けするために面談をしている。

顧客は、価値ある商品(情報)を得られるのか?という意識で面談しているわけです。

例えば、医療業界では、お医者様は大変多忙です。

しかし、MRとは面談を行います。なぜ忙しい中、面談をしているのか?

そうです、自身や患者さんにとって、価値のある情報が得られるかもしれない

そう思うから面談をするわけですね。

相手がわたしに何をもとめているのか?

この意識は非常に重要です。

初回の挨拶であっても、この意識があるのとないのでは、与える印象も大きく違ってくるでしょう。

こちらの言いたいことばかり、売りたいことばかりに気を取られてしまうと、

態度に出てくるものです。

売りたい、という気持ちだけが伝わってしまうことでしょう

顧客が面談に何を求めているのか? をしっかりと意識する ことが大事です。


まとめ

・挨拶はファーストインプレッションを決めるうえで重要
・身だしなみ、表情、言葉遣いはTPOにあわせることが必須
・営での挨拶は、顧客が面談に何を求めているのか、を意識することも重要

いかがでしたでしょうか?

挨拶、とても基本的なことですが、大事ですよね。

挨拶は特別なスキルを要するわけではありませんが、心がけが非常に影響してきます。

ファーストインプレッションを良いものにできるように、心がけていきましょう!

顧客との面談における具体的なポイントなどに関しては、今後別の機会に書いていければと思います。

今回の記事の内容が、皆様にとって少しでも参考となりましたら嬉しく思います。

ご興味ございましたら、ほかの記事もご一読ください。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

NEXT

【更新日2020/1/20】 

プロフィール
SHAN
SHAN

製薬業界にて10年以上営業に携わる。営業成績において全国1位、複数回の表彰を獲得。
医薬情報担当者、医療経営士3級。

兼ねてより起業に興味を持っており、将来は独立することを夢見ながら、日々の業務をこなしているサラリーマン。

2020年の1月より、当ブログ『週末事業?』を運営しております。

Twitterにて営業×名言ツイート、【1日1つぶやき】実施中。

SHANをフォローする
活動編
スポンサーリンク
SHANをフォローする
週末事業?

コメント

タイトルとURLをコピーしました