【早起きは何文の得?】朝活は成功への近道

心得編
Dino KF WongによるPixabayからの画像

アクセス頂き有難うございます。

今回は、【早起きは何文の得?】朝活は成功への近道 に関して書いていきたいと思います。

早起きは何文の得?

皆さん、朝の時間はどのように過ごされていますか?

会社務めの方は、出社時間に間に合うよう起きて、朝食を済ませ、満員電車に揺られて、

通勤されている方も多いのではないでしょうか?


昔から、早起きは三文の徳、ということわざがありまよね。

早起きをすれば健康にも良い上に、必ず何かの利益になる、といった意味です。

(三文は現代では100円程度のようです)

現代のビジネスシーンにおいても、早起きすれば多くのメリットがあります。

正直、文どころではないメリットがあるといえるでしょう

早起きのメリット

congerdesignによるPixabayからの画像

早起きの具体的なメリットを見ていきましょう。

パフォーマンス向上

朝は、パフォーマンスが高いということが、脳科学の観点でも考えられるようです。


睡眠によって、記憶が整理され、脳がリセットされるので、その日の情報がまだ入っていない状態となり、新しいことを覚えたり、想像力を発揮したりということに向いている状態であると、脳科学者の茂木健一郎さんもおっしゃっています。


参考記事:脳科学者が勧める「朝時間」の使い方

同じ1時間を費やすのであれば、夜よりも朝の方が、質の高い業務をこなせることでしょう。

タイムプレッシャーの意識

こちらも夜の仕事と比べて、ということが大きいですが、朝はタイムプレッシャーを意識することに適した環境といえます。

タイムプレッシャーとは、この仕事を、この時間内に終わらせる、という意識で取り組むことです。

夜だとついつい、終わりの時間が見えず、だらだらと仕事をしてしまうことがあると思います。

朝に関しては、仕事の予定が後に控えていますので、この業務をこの時間内で終える必要がある、という意識で業務に取り組むことができるのです。

限られた時間の中で、自身にタイムプレッシャーをかける仕事をすることで、効率的に業務をこなしていきましょう。

邪魔が入らず仕事できる

オフィスで仕事をしていると、いろいろな人から声をかけられますよね。

コミュニケーションはとても大事なので、しっかりと交流はすべきです。

しかし、コミュニケーションをとっていると、自身のデスクワークがはかどりません

しかし、朝早い時間にオフィスにいくと、同僚もほとんど来ていないため、まるで自分のプライベートオフィスのように、悠々自適とデスクワークをこなすことが出来ます

周囲の人から自然と好印象

普段、朝早くから来ている人には、重役など、社内で影響力を持つ方が多いものです。


早く来ている人は、何らかの意識をもってきています。

そういった人たちよりも、少しでも早く出社することで、好印象となることは間違いないでしょう。
業務で好成績を上げるよりも、よりリーズナブルに評価を高めることが出来ます。

通勤ラッシュを回避できる

電車通勤の方は、満員電車は憂鬱ですよね。

いつもより1時間早く移動するだけでも、確実に混雑は少ないです。

快適に移動できることに加え、読書などもし易くなり、通勤時間を有効活用することができます。

自己研鑽の時間に充てることができる

出社前の30分や1時間という時間で、自己研鑽の時間にも充てることができます

読書、運動、英会話、いろいろなことができますね。

私も30分を使って、ジョギングやオンライン英会話の時間にあてています。

まとめ

・早起きは三文以上のメリットがある
・早起きのメリット:
 パフィーマンス向上、タイムプレッシャーの意識、邪魔がなく仕事ができる、周囲の人からの好印象、通勤ラッシュを回避、自己研鑽の時間確保



いかがでしたでしょうか。

こう見ていくと、早起きは三文以上の得があるということを、お分かりいただけると思います。

早起きをして、公私ともに充実した生活を送りたいですね。

今回は、【早起きは何文の得?】朝活は成功への近道 に関して紹介させて頂きました。

今回の記事に、皆様の参考となる部分が少しでもあれば幸いです。

ご興味ございましたら、他の記事もご一読ください。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

NEXT

【更新日:2020/2/7】

プロフィール
SHAN
SHAN

製薬業界にて10年以上営業に携わる。営業成績において全国1位、複数回の表彰を獲得。
医薬情報担当者、医療経営士3級。

兼ねてより起業に興味を持っており、将来は独立することを夢見ながら、日々の業務をこなしているサラリーマン。

2020年の1月より、当ブログ『週末事業?』を運営しております。

Twitterにて営業×名言ツイート、【1日1つぶやき】実施中。

SHANをフォローする
心得編
スポンサーリンク
SHANをフォローする
週末事業?

コメント

タイトルとURLをコピーしました